内容紹介 ◎最果ての終着駅でとろけあう男と女! ◎心揺さぶる叙情地方エロス

高杉謙治は北海道の僻地にある終着駅で、長年、駅員として働いている。 独身の謙治は、幼なじみで未亡人の小百合に好意を寄せているが、彼女の亡夫は彼の親友であり、想いを告白することは出来なかった。 そんなある日、謙治は駅で具合の悪くなった旅行者の女を介抱する。 彼女は人妻で、結婚生活が上手くいかず、一人旅に出てここまで来たという。 そして彼女を慰めるうち、二人は一夜の関係を持つことに。 以来、わけありの女たちがこの駅を訪れ、謙治ははからずも彼女たちと身体を重ねていくのだった...!

最果ての終着駅でとろけあう男と女、癒しの地方官能ロマン。