不器用な家政婦の一途な片想い。でも空気と同じで、彼は気づかない。

アビーは有名な大富豪ジェイクの邸宅で、家政婦をしている。学歴もなんの資格もない私に、彼は仕事をくれた。雇い主がぶっきらぼうでも、アビーは熱心に働いて感謝を示した。ある日、ジェイクに一緒に外出しようと誘われてから、二人の距離はみるみる近くなり、アビーは彼に身を任せてしまう。ただし、ジェイクは「僕に恋はするな」と何度も警告した。そのたび、アビーはほろ苦い気持ちで「大丈夫」と繰り返した。だがピルをのみ忘れたと気づいたとき、彼女はパニックに陥った。彼の子供は欲しい。問題は私の体では赤ん坊が育たないこと......。

■両親と夫を亡くしたヒロインは、家族が欲しいと思いながらもあきらめていました。妊娠したと思ったときも、ヒーローの子供は産みたいけれど、3度も経験した流産の悲しみと苦しみをまた知るのは怖くて......。ヒロインの切ない想いが胸を締めつける一冊です!