3ヵ月限定で、人口3千人にも満たない村の診療所に派遣された27歳の美人女医・丹波涼子。村での診療期間もそろそろ終えようかというある日、恋人の亮輔が涼子の部屋を訪ねてきた。元々医学部時代の同期で、現在は街の病院で働く彼とは、この数ヵ月の間なかなか会えないでいた。当然、性欲が溜まっていた二人は、すぐさまセックスを始める。亮輔にクンニされただけで、久しぶりの刺激が脳内を走り、思いきり喘ぎ声を出して悶えてしまう涼子。しかし、この様子を村人に写真に撮られ、脅されることとなり......。