速水宗一はファミリーレストランの店長。29歳になって運動不足なのを感じていた。同じ市民楽団に所属している35歳の人妻・観月千華に誘われて、一緒にジョギングをするようになった。彼女の艶やかな黒髪はストレートで肩までの長さ。ややつりあがった目はハッキリとした二重。瑞々しい唇は肉感的で、色気がにじんでいる。ピンク色のパーカーは豊満な乳房のせいではち切れんばかり。下半身は黒のレギンスとショートパンツに包まれているが、ムッチリ具合がよくわかる。しとやかな性格を含めて、宗一のどストライクだった。ジョギングの後、汗を拭くためにと彼女が脱いだパーカーを預かった宗一。そのまま千華が忘れていくと、パーカーに残る熟女の匂いに魅了され、思わず車の中でオナニーを始める。戻ってきた千華に目撃されてしまうが、彼女は戸惑いながらも車に乗ってきて......。