名門貴族グレーテル家の三男・ウィルは、魔法が使えない落ちこぼれ。それによって幼い頃に父に見限られ、本宅から離れた別荘に追いやられてしまう。別荘でウィルと共に暮らすのは、世間では迫害を受けている亜人の少女たち。ウィルはかつて獣人の少女に救われた恩義から、奴隷となった亜人を見つけては解放して、人間と同様に雇っていた。そのことも周囲からは快く思われておらず、『変わり者』と呼ばれている。そんなウィルも十八歳になり、家の慣わしで自分の領地を貰うことになったのだが......父から与えられたそこは、領民が一人もいない劣悪な荒野だった! しかし、ウィルは親にも隠していた『変換魔法』というチート能力で大地を再生。仲間と共に、辺境に理想の街を築き始める――! 電子版には「居心地のよい場所」のショートストーリー付き!