そんな嫌そうな顔するんじゃない。もっといじめたくなるだろ――!? 飲食業界で社長秘書を努める井樋響生には、気がかりなことがある。それは、荒賀組の若頭である荒賀侑馬が、響生の会社に現れたことだ。荒賀とは小学校からの幼なじみで、学生時代には唯一の友人だったが十年ぶりに再会した彼は、冷徹で傲岸不遜な男に変わっていた。そんな荒賀に会社の悪評を流され、連日マスコミの対応に追われる響生。社長の宮川に恩を感じている響生は、会社の窮地を救おうと奔走するが荒賀に「手を引いてほしければおまえの身体で奉仕しろ」と脅迫されて...!? 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。