忍びたちを束ねる惣領の息子・夏月は、幼い頃に暗殺者から命を狙われたために、隠れ里に住む下忍・忠影の家に預けられる。長い間、兄者と慕う忠影に守られながら育った夏月にとって、彼はかけがえのない存在となっていた。だがある日、生家からの迎えがやってくる。身分が違うために、忠影と引き離された夏月は周囲から監視され、彼と会うことは叶わなかった。しかし、忠影への想いが募った夏月は、家を抜け出すが......。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。