【代議士の愛人の子】という派手な生まれながら、真面目でクールな堅物に育った吉本は、地味な公務員として児童福祉事務所に勤務していた。しかし同僚である児童心理司・黒部の屈託のない明るさにふれ、肩肘を張って生きてきた孤独に気づき、不覚にも涙をこぼしてしまうが...!?