時は幕末。北方の小藩・白銀藩の家老の息子・伊藤忠則は、藩主の後継ぎ養子として迎えられた宗良の御側衆として仕えることになった。それから数年経ち、名君の誉れ高き藩主となった宗良を、忠則は眩しい想いを持って仕えていたのだが、宗良が婚礼をした日から、忠則の心に暗い影が広がるようになっていき...!?