助けてと叫んでも 目を硬く閉じても 貴方はきっと 恐怖につかまる......!!絶叫にかれた声の底に、仄かに光を放つものがある。恐怖と感動を結び合わせた異色の作家・犬木加奈子が織り成すホラーコミック。表題作「どこにでもあるちょっと怖い話」ほか、「古寺にありそうなちょっと怖い話」「どこかにありそうなちょっと怖い話」「蜥蜴(とかげ)」「ミドリの宿り木」「ゆがんだ思春期」を含む全6話を収録。