※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なります。ご注意ください。連載小説など著作権等の問題で掲載されないページや写真、また、プレゼント企画やWEBサービスなどご利用になれないコンテンツがございます。あらかじめご了承ください。 *電子マガジンは、プリントマガジンと内容が一部異なります。ご注意ください *著作権等の問題で掲載されないページや写真、また、WEBサービスなど、ご利用になれないコンテンツがございます。あらかじめご了承ください ●目次情報● (新車解説1・新型GRヤリス)トヨタが開発したスペシャルスポーツモデル。新型はWRC(世界ラリー選手権)出場マシンのベースとして、高いスポーツ性能を追求して開発。1.6リッターエンジンとフルタイム4WDを組み合わせている。前後の駆動力配分は変更可能で、効率よくパワーを路面に伝える。トランスミッションはiMT(6速)だ。2019年の東京モーターショーのタイミングで披露された新型ヤリスの5ドアに対し、GRヤリスは3ドアで登場。新型に投入された最新技術を徹底レポート。また、新型GRヤリス・デビュー記念特別企画として、「WRCの勇者トヨタ・セリカ物語」を収録。トヨタがWRCの舞台で、どのような戦績を残してきたのか。1980年代から90年代にかけて、トヨタが世界で戦った歴代セリカのヒストリーをまとめた。(新車解説2・新型ダイハツ・タフト〈コンセプト〉)ダイハツが「年央に発売予定」という新型タフト〈コンセプト〉を東京オートサロン2020会場で取材。現時点で判明しているデータから、オフロード走行に対応し、アウトドアレジャーを楽しむ際の積載性抜群の1台といえそう。(特集1・最新「コンパクトSUV」選び)新型ダイハツ・タフト〈コンセプト〉の新車レポートを特集のパート1として展開。パート2は現在、日本で購入できる全長4500mm以下のコンパクトボディで使いやすく、乗りやすいSUV41モデルのカタログを紹介。パート3はコンパクトSUVの話題モデル13台のライブレポート。新型スズキ・ハスラー、新型トヨタ・ライズ、新型VW・Tクロス、新型マツダCX-30などの実力をまとめた。(特集2・スーパースポーツGraffiti)2020年1月、国内で初披露された新型シボレー・コルベットは、第8世代を迎えて初のMRレイアウトを採用。6.2リッターV8、デタッチャブル式トップなど注目ポイント満載のコルベット情報をはじめ、フェラーリF8トリブート 、ランボルギーニ・ウラカンEVO、ポルシェ・911、BMW・M8クーペ、日産GT-R、マクラーレンGT、アストンマーティン・ヴァンテージという世界のトップスポーツ8モデルを美しいビジュアルで構成。見ているだけでエキサイティングな名車たちだ。(名車復刻版カタログ)1982年ダイハツ・タフト、1982年シボレー・コルベット(国産車+輸入車の新車価格表)