高額な法人契約を握る男VSそれを引き継ぎたい女たち 「契約」をめぐって激しいアプローチが夜な夜な行なわれ‐‐

保険代理店の課長、琢郎は会社を辞めることにした。それを公言した途端、周囲の生保レディたちの接し方に変化が。彼は契約金の高い法人保険を数社持っており、彼女たちはそれを引き継ぎたいのだった。そして、その指名権は彼が握っている。お局様、美魔女、ギャル、人妻が魅力的な肉体を駆使してアプローチしてくるのだが‐‐。生保官能!