おまえは俺の物だ――

傲慢な征服者と純潔の王女

王女でありながら聖巫女として神に仕えるエーディンは、異国の貴族・ソルステインにその身を穢された。エーディンから自由を奪い、神に祈ることを否定するソルステイン。だが、傲慢なだけだと思っていたソルステインの過去を知ったエーディンは彼に愛おしさを覚えていく。次第にソルステインとの触れ合いが増え、エーディンは女性としての感情に目覚めていくが......。