肉体に衰えを感じ始めていた小説家が、やがて自信を取り戻す―― 人気作家による、比類なき回春エロスの大傑作!!

27歳年下の編集者・志麻子と再婚した官能小説家の藤吾だったが、志麻子相手では燃えなくなっており、担当作家と彼女との浮気まで疑うほど特に肉体面で自信を失いつつあった。そんなある日、息子の妻・恵子が藤吾の作品のファンだったことを打ち明けてきたのだが......。熟年世代におくる書き下ろし「回春」エロス大傑作!!