内容紹介

もっとがむしゃらに俺を堕としてみろ この男には本能的に逆らえない――

仏頂面だが実は茉理にぞっこんのシークレットサービス × 25歳までに結婚しなければいけない地味な事務員

〈あらすじ〉 「運命の男は硝煙の香りがする」 25歳の誕生日の前に結婚相手を見つけなければならない茉理は、占い師にそう言われ花火職人と婚約するが、全財産を持ち逃げされる。 傷心の茉理に、事務所に出入りする仏頂面の男・黒宮が、偽装結婚の相手になってやると言い出す。 戸惑いながらも彼を受け入れた茉理は熱い夜を過ごすが、以来、身辺で危険な出来事が起きるようなって――。

著者について

奏多 Kanata 北国在住、A型。元デザイン系エンジニアもどき。 第11回らぶドロップス恋愛小説コンテスト最優秀賞の受賞をご縁に、蜜夢文庫さん では今作が2冊目の刊行。 溺愛系ハイスペックイケメンが切なさに悶えるのが好き。恋愛もそれ以外の要素も ドキドキハラハラ、時にくすりとしてもらえたら嬉しいです!

芦原モカ Moka Ashihara 時々イラストのお仕事を頂いてます。