会社は生命体――。だから、進化し続ける。

固定化されたヒエラルキー型の組織運営から、自然の摂理に則った「自然経営」へ。

これからの自律した組織のつくり方。

日本でどこよりも早くティール型組織を構築した「ダイヤモンドメディア」創業者・武井浩三氏と、元ソニー天外伺朗氏による、「ティール組織」の実践編!

1章 武井塾のイントロダクション

2章 理念も事業計画もない生命体的な会社 ダイヤモンドメディアという会社 上司部下なく会社の情報はすべてオープン

3章 ダイヤモンドメディアではカオスが常態 組織を生き物としてデザインする 組織づくりと街づくりの共通点 ほか

4章 ポリモルフィックネットワーク(多形構造)を武井浩三が目指す 転職をサポートする「Tonashiba」 役割を固定させない ほか 5章 組織の自浄作用 責任を追及してもわからない組織 人それぞれのメンタリティに合わせて

6章 自己組織化の三要素 経営者という立場を必要としない組織

7章 権力の流動性。でも残存パワーがうっとうしい! 会社とは何か、法人とは何か 自分ごとになるためには情報の透明性が必要 ほか

8章 日本流のティールを皆で開拓しよう! 見える化する メンタルモデルとティールの関係性 ほか

9章 メンタルモデルごとに「ティール組織」が異なる トップダウンかボトムアップか ティールにもさまざまなスタイルがある ほか

10章 給料をどう決めるのか? 雇用とアウトソースについて 給与の決め方について ほか

11章 給料をオープンにする。大切だがなかなかでき難い! 給与を公開できる会社、できない会社 人事評価について ほか

12章 給料バブルから多くを学んだ 給与バブルをなくすために 給与制度のガイドライン

13章 給料決定に必要な心理的配慮 給与が下がることについて 業務委託料について ほか

14章 意識やパラダイムより、組織の構造・環境を変える ティール的な給与の考え方 給与をオープンにすると ほか

15章 情報公開のセオリーと実務 理念で混乱する現場 社長の給与も公開するのか 負債も分散するのか ほか

16章 個人の意識の成長・発達とティール組織 実存的変容を起こすと運がよくなる

17章 開放性のキーは「1on1」と「人だまりスペース」 情報の透明性が最も重要 ダイヤモンドメディアの1on1の実際 ほか

18章 言語化すると失われるものがある! 目に見えないものは言語化できない

19章 新規ビジネスが自然に立ち上がる! ティール組織だと新規事業が自然発生的に生まれる 情報の共有の仕方

20章 「権力」は構造が与える力。それをなくす! 年功序列の考え方について 決済権と人事権という権力 ほか

21章 会社の内と外の境界を淡くする これからの資金調達のあり方 ティール組織になるためのプロセス ほか

22章 次世代の会社を現行法のなかで実現する! 権力を無効化するために 責任の所在について ほか