大阪の油屋、豊島屋七左衛門の妻、お吉は、娘達を連れて観音様参りをする。そこに現れたのは、放蕩息子の与兵衛――それが、恐ろしい地獄の始まりだった。近松門左衛門の名作が現代に蘇る!表題作「女殺油地獄」を含む短編集。