さっと読めるミニ書籍です(文章量20,000文字以上 24,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の40ページ程度)

【書籍説明】

同窓会を抜け出した健司は、かなえ行きつけの阿佐ヶ谷にあるバー、「スリッパ・ダイニング」で笑顔の素敵な店員、詩織と出会う。

「私はもっとあなたのことをよーく知らないといけないの。この意味わかる?」

慣り行きで始まる同棲生活。そこに待つ結末とは?

【目次】 序章-阿佐ヶ谷の夜にー 原稿I-ユウウツな一日の始まりー 原稿II-地獄の同窓会- 原稿III-スリッパ・ダイニングの店員- 原稿IV-樋口一葉の擦り付け合いー 原稿V-しばらくお世話になりますー 原稿VI-知らない匂いー 原稿VII-れんこんの入った筑前煮みたいにー 原稿VIII-騙されたと思って一口食べませんか?- 終章-同窓会の案内-

【著者紹介】 椎名晴(シーナ・ハル) 1993年、広島県生まれ。落語とカープと駅伝をこよなく愛する。 著書に「こたつむり彼氏の日記~」、「早朝ブラックパーカー団!」、「笑え!」、「死後事-shigoto-シリーズ」などがある。