皇嘉高校は恐るべき剛球球児・日暮浩のワンマンチーム。いまやマスコミの注目の的の彼だったが、彼の父は高校野球をダシに賭け行為をしたハンディ師としての逮捕歴を持っていた。しかし、何が何でも甲子園に出場し、決勝のマウンドに立つ事を狙う日暮。その秘めたる思いには、単純な野球に対する情熱のソレとは何か違う異質な気配がした...。その真の目的とは?大人達の持ち物になってしまった現高校野球界に苦言を呈す作品。