「セックスなんか大したことねえけど...力が抜けちゃって......」――俺は桐山大毅...バスケ部に青春をかけるスポーツ男子だ。ある日、兄貴(超ヤリチン)の部屋から女の声が聞こえてきたから、壁に耳を当てると...同じクラスの金髪ギャル・野々宮が兄貴とセックスしてる! やっぱギャルなんて汚らわしいと思ったけど、どうやら野々宮の奴は処女なうえに襲われているみたい? 乳首をコリコリつまんで、濡らしたアソコをパックリ開いて、もう兄貴は無理矢理チ○ポを挿れる気満々。ギャルは苦手だけど、野々宮はすげえ嫌がってるし...俺、どうしよう!?(フルカラー化)