Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Taijin Kankei Wo Smooth Ni Shitai Hito He. Ima Yori Sukoshi Kiraku Ni Ikiru Hoho. 20 Fun De Yomeru Series

対人関係をスムーズにしたい人へ。今より少し気楽に生きる方法。20分で読めるシリーズ - マリカ/著者 MBビジネス研究班/企画・編集

Taijin Kankei Wo Smooth Ni Shitai Hito He. Ima Yori Sukoshi Kiraku Ni Ikiru Hoho. 20 Fun De Yomeru Series
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 439 yen
Points You Earn 4 points (1%)
Compatible Devices
Release Date Apr 06, 2018(JST)

Description in Japanese

さっと読めるミニ書籍です(文章量14,000文字以上 15,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の28ページ程度)

【書籍説明】

「ムダ」を排除しようという雰囲気がある。
金銭的なものから始まって、時間の使い方や人間関係の諸々まで人によっては「ムダ」として、排除とまで行かずとも削ったりすること自体が「良いこと」とされる風潮までも感じることがある。

だが、その「ムダ」を単純に排除したり削ったりするだけでイコールとして「良いこと」なのだろうか?
昨今、ギスギスした空気が人間関係の中に渦巻いて息苦しさを感じている人は少なくないのではないだろうか?

私個人は「ムダはムダではない」と信じている。

その時はムダであったとしても、そのムダのおかげで後々は様々なリスクを回避できると考えているからだ。

それを、違う言葉では「成長」だったり「慣れ」だったり「学習」と呼ぶのではないだろうか。

私も、いろんな「ムダ」を経験した。
「失敗」とも言える。
「間違えていた」とする時もある。

でも、だからこそ今の自分があるのだとも思う。

ただ、「自分はこんなに苦労したんだ。だから、お前も苦労しやがれ」などと言うつもりは毛頭ない。
逆に、「自分はこんな失敗をしたから、同じ失敗をしないために参考にしてね」という老婆心的な気持ちである。

【目次】
1章 ムダに嫌われる人のパターン
2章 様々な改善方法の提案とその理由
3章 根性論や精神論ではない
4章 盲点になりがちなこと
5章 一方通行は通行止めと同じ
6章 色眼鏡というバイアス
7章 モチベーションへの影響
まとめ
おさらい


【著者紹介】
マリカ(マリカ)
多分、ニンゲンであると思われる(笑)。

ウルトラ方向音痴で迷走中にて、瞑想中。←ん?

五感以外も大切にしたいと常々思うが、まだまだ未熟者。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.

Also by MB BUSINESS KENKYU HAN

More published by Manga Bito

Browse similar eBooks