インターネットに続く次の産業革命の主役はロボットかもしれない。 今、日本、米国をはじめ、世界中がロボットと、 その頭脳である人工知能(AI)の開発に力を注いでいる。 テクノロジーの爆発的進化から、いずれは人間の能力を超えるとの懸念すら出始めた。 そのとき、われわれの仕事と産業はどんな影響を受けるのだろうか。

『週刊ダイヤモンド』(2014年6月14日号)の第1特集を電子化したものです。 雑誌のほかのコンテンツは含まれません。 *本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。 詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。