政府はさまざまな統計を発表している。 統計が間違っているわけではないが、 手法、集計対象による癖を頭に入れておかないと 統計の“ウソ”を見抜けず、実態が見えなくなる。 政府統計見直しの背景にある縄張り争いを浮かび上がらせるとともに、 政府統計が実態とズレるメカニズムを解き明かす。

『週刊ダイヤモンド』(2016年11月5日号)の第3特集を電子化したものです。 雑誌のほかのコンテンツは含まれません。 *本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。 詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。