【駆け出しの役者さん必見!!】 【ご子息が研究生の親御さんも!!】

舞台や映画の監督、制作会社、 芸能プロダクションの現場取材から判明。

オーディションに“来てしまった”

《こいつ、絶対受からない》

という困ったちゃんを一挙にご紹介♪

●「明るい役が得意です」→という暗いヤツ! ●「笑いを取ろうとするやつ」→場の空気考えて笑いますけど。 ●「特技はハイキック」→パンツの色気で合格にはならない。 ●「無知が武器と思っている」→学ぶ姿勢が必要ですよ~! ●「いきなりビーム撃つ」→普段のタレントさんは謙虚ですよ。 ●「ウサちゃん連れてきちゃいました」→早くつまみ出せ! ●「アザーッス!」→少なくとも正しい日本語で。 ●「審査員にキレる」→ギャップを見せるなら他のことで。 ●「脱ぎたがる」→いや、だから求めてないです。 ●「パンツくわえて叫ぶ」→ネタではありません。 ●「おかん」→受かったら現場にも来ちゃうの?

などなど、実例が80以上!!

そこの役者志望の方! 「私は大丈夫」 なんてことは思わないほうが良いです。

この中にある“実例”を無意識にしてませんか?

決して表には出ない【審査員の本音】も聞いてますので、 次回のオーディションに活かしてください!!