アンティークのソファから現れ出たのは、オードリー・ヘップバーン? はじまる。一生に一度の、プレシャスなレッスン。

リビーの唯一の癒しは家でひとり好きな映画を観ること。仕事をクビになり、憧れの人を妹にとられた最悪の日、リビーはしょんぼりと家に帰った。『ティファニーで朝食を』でも観ながら寝てしまおう......買ったソファが今日あたり来るはずだから。ところが届いたのはまったく覚えのないおんぼろソファ! 心底落ち込むリビーだったが、この古家具には大女優の守護霊(!?)が取り憑いていて――。