君の務めは、僕に抱かれることだ 与えられる罰は甘く切ない

子爵令嬢のノエルはジェントリながら貴族を凌ぐ財力を持つギルバートと心を通わせ合い、求婚された。しかし結婚式の夜、端整な顔に冷たい眼差しを宿したギルバートから覚えの無い罪で糾弾され、「罰を与える」と初夜の褥で純潔を奪われてしまう。罰と言いながら優しく甘く身体を嬲る手に、ノエルは恋心を無くせず、毎夜淫らな快楽に溺れさせられ......。