元気一杯の少年 珊瑚。彼は久遠寺家の生まれだが、訳有って一勝の元で暮らしている。ある日珊瑚は一勝に首飾りを渡される。それは久遠寺から珊瑚へと届けられた物。今まで珊瑚の事を捨てていた生家だが、16歳の誕生日が近付くにつれ、珊瑚は生家での事を思い出していく。そんな珊瑚の周りでは奇妙な事が起こり始めていた...