「足を開け!」「だ、誰!? ...あっ、舐めちゃ嫌ぁぁぁッ!!!」見知らぬ男の人とHする夢を見てる私。まだ処女なのに身体が疼いちゃうの...。恋も男も知らずに母を亡くした私は、生き別れた父の元に引き取られることに。ところが実は父はヤクザの組長で、私は組長のひとり娘だと告げられて――!! 周りは知らない男の人たちまみれで、下半身がムズムズしてきちゃう...。初めてなのに太いのを挿れてほしいだなんて、私どうかしちゃったの!?