とある昼下がり、ミットフォード家の館に招待された准男爵令嬢ジェインは、 見目麗しき長男ロバートに出会った瞬間、妙な懐かしさにとらわれた。 彼はイギリスに帰ってきたばかりで会うのは初めて。それなのに、どうして? 21歳にして恋すら知らぬ無垢なジェインは、これが世に言うひと目惚れなのかと戸惑う。 だがそれは、時空をも超えた奇妙な愛の始まりだった。