画家の父がパリで客死。残された兄妹は、不遇な青春を送る。 やがて、兄宗高は、絵筆をとり、画家として再出発する。