ミシュリーナ王女は、単身アメリカに渡ることを決意した。何もできないお飾りのプリンセスではないと証明してみせる。万事順調だった、彼女のトラックが牧場の納屋へ突っ込むまでは。牧場主のジャレッドに請求された納屋の修理代を、ミシュリーナは家事をして返すことになってしまった。