ラリサは不安と緊張を覚えながら、ジェイク・ダンフォースの帰宅を待っていた。四年間も彼に隠してきた秘密を告げなくてはならない。私を見るジェイクの優しい笑みが嫌悪に変わるのも、時間の問題だった......。僕に三歳の息子がいる? ジェイクは信じられない思いで、ラリサの突然の告白を聞いていた。こんな重大なことを黙っているとは許しがたいが、今のダンフォース家にはいかなるスキャンダルも禁物だ。いやでも、彼女の面倒を見なくてはならないだろう。