★記憶を失ったまま初々しい花嫁でいてほしい。そうすれば、危険から守ってやれる。★目覚めると記憶をなくしていた。かすかな距離を置いて横に眠る男性は、だれ?クロゼットにウエディング・ドレスがかかっているけれど、私のものだろうか?となると、彼は花婿?でも、私は自分の名前さえわからない。困惑状態の彼女以上に、起き上がった花婿は混乱した。やがて事態を理解した彼の説明はー--自分たちは新婚旅行中で、彼はゼーン、私はホイットニー。私はプールで滑って頭を打ったらしい。でも・・・・・・熱々カップルのはずなのに、なぜ彼の愛撫はぎこちないの?抱えきれない疑問に押しつぶされそうな彼女を見つめながら、ゼーンはまだ真実を明かさないことにした。危機が去るまで、このままでいよう。