ウィーンのヴィオラの名手ヴェルファー (元ウィーン・フィル)のバッハの無伴奏第2弾。難曲4、5、6番で完結。スケール感あふれる表現が聴くものを圧倒する。