もし彼が存在していなかったならば、ロックというフォーマットは確実に今とは違っていただろう・・・。UKマンチェスターが誇るロックン・ロール・スター、リアム・ギャラガーのソロ・デビュー・アルバム堂々完成! パンチの利いたソロとしての活動を高らかに宣言する「Wall Of Glass」、そして先日公開された、リアムのあの独特なヴォーカル・スタイルにおける柔らかな側面を見せてくれる「Chinatown」、この2曲だけでもアルバムの全体像に対する期待感を大いに募らせてくれているのだが、この最新作『AS YOU WERE』で彼は、60年代、70年代の音楽に影響を受けた幅広い音楽性、そして自らの音楽的情熱に現代的な輝きを加えたサウンドを聴かせてくれている。