入学式に始まり、運動会や学芸会など学校の様子を色彩豊かに描いた瀬田国民学校の学級日誌は、同時に空襲や疎開、学徒動員など戦時下の暮らしぶりを子どもの目線で綴った貴重な記録でもある。日誌に光る子どもたちののびやかな感受性は、戦争に染まらない強さと明るさが人間にあることを、今に伝えてくれる。