顔も知らない実母への強い思慕を抱きながらも、龍一は人としての成長を目指し、学生団体活動、道場での鍛錬、アルバイトに忙しい日々を送っていた。そんな中で出会った女学生たちは彼に惹かれていく。しかし龍一は、彼女たちの強い想いに応えられずにいた。相次ぐ挫折、試練...。龍一は悩みながらも、自分を偽ることだけはすまいと、勇気を奮い起こして立ち向かおうとする...。日米安保とベトナム戦争の60年代。神戸を舞台に、大学生たちの瑞々しい青春を描いた純文学小説。