霊は、限りなく愛しく、切ない存在でもあります。そして、この限られた時間のなかに生きる私たちに、魂の本質、魂の力に目覚めてほしいということを教えてくれるのです。