時に地域の人びとは、天皇陵がみずからの居住地や出身地に治定されることを期待して運動を起こす。近代日本における、彼・彼女らのそうした行動にはどんな歴史的背景があるのか。伝承を発掘し、大友皇子の墓(弘文天皇陵)が自分たちの地域にあることを検証・主張して、それを認めさせることに奔走した人びとの営為を追跡し、その歴史的事情、また、それがもたらした効果を探り当てる。