作曲家として活躍する著者は40代の頃から30年にわたり1日1食を続けている、まさに文化人の“1食主義のパイオニア”。73歳になる今も、1年365日ほとんど休みなく精力的に働いている。そんなハードワークが可能なのは、1日1食だからこそ。痩せて見た目が若返り、健康になり、そのうえ仕事もバリバリこなせるようになる“一石三鳥”のメソッドを、著者ならではの人生哲学とともに初公開する。