おまえが他を見んのも触んのも許さへんくらい、俺は日夏が好きや。

老舗旅館の跡取り・龍は、お目付け役の日夏と同居中。ずっと日夏に片想いしているが、日夏は龍の兄・燕を想っている。報われない恋心を抱え、日々独占欲だけが募っていく中、日夏が自分と一緒にいるのは、燕と約束したからだと知ってしまう。苛立った龍は、思わず告白してしまうが――!?