出版社社長・月岡智之の後妻となった夏子。前妻の娘りえとの些細なすれ違いはあるものの、平穏な日々を過ごしていた。しかし、危険なまでの若さを持つ青年・平岡旬と出会って、家族の亀裂、目を背けてきた自らの渇きに気付いてしまうー。愛と家族の変容を鋭く描いた傑作長篇。