アキバ系サブカルチャーに特化した新設インディーズレーベル「Maid In Hell Records」第2弾は、ゴシック・ロック・バンド「Rose&Rosary」初の公式音源!

フェティッシュ系モデル・アキバ系アイドルとしてアンダーグラウンドシーンを総舐めにする有名マルチタレントSIONが楽曲製作を担当し、メジャーアーティストや有名テレビアニメを幾つも手掛ける豪華メンバー陣が送る、インディーズ流通と言うには豪華すぎる1枚。

メロディアスなロックから、ハードなパンク、ゴシック・オーケストラにセクシーなウィスパー、幅広いジャンルをカバーした垣根を越えた必聴盤。

SION (ex.狭霧シオン) / 作詞・作曲担当。マルチタレント。コスプレイヤー・アキバ系アイドル・メイド喫茶店員として「出動!ミニスカポリス」を始めとするテレビ・ラジオに多数出演。また角川書店、ガイナックス、アニプレックス、メディアファクトリーなどから配給されたアニメ・ゲームの企業公式モデルとして「FLASH」等、数々のメディアに取り上げられ、アキバ系カルチャーで一躍有名となる。一方で、アートモデルとしても評価が高く、アメリカ、スペイン、バルセロナなどでも写真展が行われている。唯一無二の日本の廃墟をフィーチャーした写真は、写真家の間で話題となっている。アーティストしては、2006年にハピネットよりSNKプレイモアの著名ゲーム「餓狼伝説」シリーズで、2009年にビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。アニソン歌手、水木一郎のバックバンドとしても活躍するなど、ボーカルのみならずキーボードやリリコン演奏もおてのもの。コラムニストやライターとしての活動も多く、毎日コミュニケーションやIDG、日経BPなど数々の出版社の技術書も出掛けてきた。代表作にはコナミ「beatmania」、ソフトバンク「ソフトバンクセレクション」等。