グループ創始者のGazelle (Vocal & Piano, Guitar)、ビクター期以降のバンドサウンドの要であったHiroshi (Guitar)の復帰に加えて、Sharmin (Bass & Cello, Chorus)、COALTAR OF THE DEEPERSでも活動中のKanno (Drums)というラインナップによる正真正銘の新作フル・アルバム。フロントマン・Gazelleの儚いキャラクターと秀でた歌唱力、刹那的な歌詞、緻密なサウンドを携え、ヘヴィネスなロックナンバーから、シンフォニックなプログレッシヴ・ロックを網羅し、この作品に込められた24年間の経緯を余すところなく収録。