新進気鋭のギタリスト田中薫、待望のセカンドアルバムが発売決定!現代のウキヨと、コンテポラリージャズ/ハードコアフュージョンが融合したかつてない音楽がついに誕生!総勢10名のミュージシャン達と、日本・ベルギー・イギリスで収録。国内からは田中薫(Gt)を中心として矢吹卓(Key)、森岡克司(Ba)、大谷訓史(W.Ba)という鉄壁な布陣が集い、さらに邦楽界から小濱明人(尺八)、竹澤悦子(箏・十七絃)、山中信人(津軽三味線)という豪華なメンバー等が参加し収録。また国外からはCasimir Liberski(Piano,Key)、Scott Kinsey(Piano)、St&#233;phane Galland(Drum)、Mark Mondesir(Drums)というジョーザヴィヌルやジョンマクラフリン、チャーネットモフェットなどのレジェンド達を支えてきたワールドクラスのアーティスト達を迎え収録を行った力作。前作 KARMA UNDER THE SUNから6年、田中薫がギタリスト・作曲家として目指す日本音楽とジャズ・フュージョンの融合世界が、さらに深淵な世界へ。最終的にロサンゼルスでScott Kinseyによるミックスダウンとマスタリングが行われ、ここに”現代のウキヨ”が壮大に完成した。<プロフィール>田中薫ギタリスト・作曲家大阪府出身 1985年生まれ 2007年バークリー音楽院に短期留学。2010年 日米録音デビューアルバム ”KARMA UNDER THE SUN”リリース。Kaoru Tanaka Group、UKIYO BANDを自ら立ち上げ、現代的な和洋融合音楽の創作と、和楽器とのコラボレーションを行う。2016年 待望のセカンドアルバム”Ukiyoi”リリース。