1st Albumがタワーレコードのインディーズ販売チャートで全国4位を記録したあの「KANARIA」が韻踏合組合からHIDADDY、Fragment(術の穴), Laugh, DJ MUSASABI(SEMIKUZIRA), バイオリニスト沖増菜摘等豪華面子を迎え、遂に帰ってきた。音楽という大空を自由に飛び回り続ける彼らの渾身の2nd Albumが遂にベールを脱ぐ!所属するSystematic familyのアルバム『奥の細道GAGIDEN/Systematic family』2010.12.13発売済み。1st album『MUSIC CUBE』2009年,タワーレコードのインディーズ販売チャートで全国4位を記録.。8.Back Ground 3.Etupirika-情熱- 2.ショットグラス feat.HIDADDY(韻踏合組合) 埼玉県浦和出身。2010年から、STREETで数千枚の売上を誇る日本語ラップMIX『奥の細道』のDJ RYUが主宰する、Systematic Recordsに参加。『奥の細道vol.2/DJ RYU』に収録された『情熱』が、シーンで大きな話題を呼び、2009年発売の1st album「MUSIC CUBE」はタワーレコードのインディーズ販売チャートで全国4位を記録。『DOPEの度を超えたPOPなラッパー、踏み外さないはみ出しもの。 自由に空を飛ぶコンクリートジャンガルに生きるFREE BIRD Kanaria!!』 by HIDADDY(韻踏合組合)韻踏合組合からHIDADDY、Fragment, Laugh, DJ MUSASABI(SEMIKUZIRA), バイオリニスト沖増菜摘が参加。注目は、Etupirka/葉加瀬太郎 のカバー曲でもある『情熱』。DJ MUSASABI(SEMIKUZIRA)の美麗トラックに、第一回ネオ・クラシック国際コンクール奨励賞受賞、沖増菜摘のバイオリンが調和した最強カバートラック。その上で、聞く者に勇気を与え背中を押す、Kanariaの感動のRAPが光る。さらに、これまで未発表であった幻の4VERSE目を新たに追加している。Kanaria結成時に作られた彼らの名曲『BACK GROUND』では、MC正宗がその歌声を披露。どこかNOSTALGICなトラック、夢を追う事の素晴らしさ、そして時に孤独さ。