佐々木宏人の作り出す非凡なメロディーと'80年代に一大ブームとなったニューウェーヴを意識したサウンド、有栖川姫子の紡ぐ特徴的な歌詞とウィスパーヴォイスが渾然一体となってメッセージ性の強い音世界を形成している。幻想的でありつつ身近なテーマを歌っていたり、美しくも残酷であったり、懐かしさと新しさが共存していたり......。BGMとして聞き流すにはあまりにも主張の強い曲達の集合体。Guitarには、「アイドルマスター」や「アイカツ」など数々のアニメソングで活躍中の後藤貴徳が参加。「泡になるの」はカップリング曲ですが、今までの重めな路線とは違って淡々としていながらも独特の存在感のある曲。浮遊感溢れるイントロから耳を持っていかれます。ポップな曲調でありながら刹那的な歌詞も聴き所です。<プロフィール>ゲーム音楽界では有名な佐々木宏人(作編曲と打ち込み)と自主制作映画に出演していた有栖川姫子(作詞とボーカル)によって2012年に結成。当初はライブイベントに出演するための単発企画であったが、永続的に活動することを決意。あえてメジャーやタイアップは避けて「他人の意見は聞かずに自分たちの好きな音楽をとことんまで追求する」というスタンスで自由に活動している。東京が活動の中心であるが、地方遠征にも積極的で今までに岩手や名古屋、大阪でもライブやファンイベントを行った。そのためか全国に熱心なファンがおり、二度のクラウドファンディングにも成功。