ポップな中にジャズのエスプリを鏤めた、日本語英語でのNYでも好評な様々な愛を歌った、世界18カ国で活動のCHIIKAKO ROSY作詞作曲オリジナルアルバム。一般的な形式にとらわれないチャレンジ曲とそれを支えるバックの力量も聴きどころ。次回作と同じ詞での曲の聴き比べも新しい試み。震災後すぐに作られた東日本大震災復興支援曲収録。Vo.CHIIKAKO ROSY (チカコ ローズィー) Pf Kazuma Katagiri 片桐一篤(GTO,Unit7) Bs.Kazuya Nakoji名古路一也(Unit7,Dear Bluse ,トライアングル,高橋誠(vin)「アコースティックバンド」)Dr.Yushirou sakake 砂掛裕史朗(Unit7,S.S.B.)それぞれいくつかのバンドに参加して全国で活躍している実力派ミュージシャン。 コンポーザーは、 CHIIKAKO ROSY<聴き所>You are not alone” 家族、友人、恋人など、誰にでも当てはまる歌詞と親しみやすいメロディーライン 変化する曲形式 スイングする乗りのいい4ビートとピアノのアドリブが冴える。”秋風のスケッチ”秋を想わせるしっとりと別れを詠った歌詞と演奏、抑えの効いた中に感情表現を入れたやさしさあふれる歌唱。”Love's illussion” アップテンポのラテンジャズ 自然に変化する曲形式とスリリングな演奏”約束~時を越えた記憶” 宇宙観のある歌詞と、やさしさの中に感情表現を控えめに入れ表現した透明感のある歌唱と、ポップな中にJazzミュージシャンらしい、しっとりふんわり漂うような美しい演奏 ”古本屋でみつけた一冊のように” 時間経過と共に変化する感情を広がる曲形式で表現。別れの寂しさの中に、希望を見出す、恋を本に喩えて表現した歌詞”One world(B)”ゴスペル調の演奏に基礎が感じられるしっかりとした歌唱。人類の根本を詠った深い内容の歌詞<プロフィール>幼少の頃から、ピアノ、歌、絵画、クラッシックバレエ、モダンバレエ、硬筆書道(硬筆は日本一)などを学び、大学代表にオーデションで選出、学生の頃より作詞作曲弾き語りでシンガーソングライターの大会に出場、ジャズ、ロック、ポップスなどのバンドで、Key. Vo.や弾き語りでライブ、コンサート活動。(故)伊藤宣行(東京芸大教授)井上