1960年代から活躍する南アフリカの英雄ピアニスト、アブドゥーラ・イブラヒムが名作『アフリカン・ピアノ』以降ライフワークとしてきたソロ・ピアノによるライヴを2019年4月にドイツで行った、ソロ・パフォーマンス・ライヴ作品! 『ドリーム・タイム』というタイトルの通り、耽美で夢のような空間をピアノ一台で紡ぎだす円熟の旋律は、美メロ好きの日本のファンにきっと届く事だろう。