悔しいか。なら、女になれ。

神聖なる処女王の秘密のベールを暴く、若き皇帝

女だけの小国、ファナキア。その女王マリアリーシャは、神と民に仕える巫女王かつ処女王であり、彼女を贄としてファナキアは平和を保っていた。しかし隣国の侵攻に対抗するため、ファナキアは帝国ガラナディンの属国となり、女王は皇帝ランドルフの妻となる道を選ぶ。ランドルフに女としての悦びを教え込まれ、愛を知ったマリアリーシャだったが、ファナキアには彼女も知らない、暗い秘密があり...。